注文住宅での会社選びって?

ミスをしないための業者選びのポイント

マイホームを購入しようと考えている人の中には、一生に一度の大きな買い物のため極力失敗をしたくないと思う方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。これから長い時間を過ごす家となる人がほとんどのため、より良い空間を実現したいのは普通のことです。

そこで今回は、マイホームの購入を検討している方に向けて、失敗しないための注意点と理想の家を建てるための会社選びをご紹介します。

1.マイホームでよくある失敗例

1-1.機能性を重視しすぎる

マイホームでよくある失敗例の一つとして、家全体が機能的すぎるという点があります。トイレの性能や高品質な断熱材を使用し、快適さゆえの機能にこだわりすぎてデザインがイマイチな家となってしまうことがあります。

家が完成してから、「もっと見た目をおしゃれにしておけばよかった」といった声も多く寄せられるため、機能性に重きを置くことも大切ですが、他の観点からも家の設計を行なっていくようにしましょう。

1-2.生活動線を気にせずに設計

次にマイホームの失敗例として生活動線を気にせずに設計をしてしまうことがよくあります。生活動線とは日常の生活を送る上で人が動き回る線のことを指します。

実際に家に住むことをイメージできず生活動線を気にせず設計をしてしまうと、子どもが行き来する際に不便な場所が出てきてしまったり、ご年配の親には移動しづらい空間ができてしまったりといった困難な状況が生じてしまいます。

住むことを想定した配慮のある設計をすることが実際に住む上でも快適となるため、生活を意識することはとても望ましいでしょう。

1-3.十分な広さの土地を選んでいなかった

最後によくある失敗例の一つとしてあげられるのが、十分なスペースの土地を選ぶことができなかったというものです。
駐車場のスペースを確保できなかったり、理想とする家の間取りを確保することができなかったりと、土地選びをしっかりしなかったせいで後から後悔することが多々出てきます。

スペースだけでなく、太陽の角度で陽の当たらない部分となってしまうこともあるため、土地選びは失敗しない上で非常に重要な項目です。

2.実際にマイホームを建て始めるときの注意点

2-1.マイホームを建てるときは打ち合わせが肝心

マイホームで失敗しないためにも建築士との打ち合わせはとても肝心です。住宅の打ち合わせは一回きりではなく数日に分けて行われ、図面や間取り、必要な設備や建材などの理想の住まいを実現するため確認作業を何回も繰り返されます。

会社と依頼主の意見のズレをなくし、トラブルなどを引き起こさないためにも打ち合わせは入念に行うことは注意しなければなりません。

2-2.家庭での相談は入念に

マイホーム購入を決めた場合は家族と入念に相談をしておくようにしておきましょう。何を基準として設計するかによって家のデザインや間取り、快適さも変わってきます。

工事が進め始めてから意見の食い違いが出てしまうと納得のいかないマイホームとなってしまうので、絆の溝から生活スタイルにも支障が出てしまいます。家庭でのマイホーム建築に対する考えは固めておくようにしましょう。

2-3.会社選びによっては多額の費用になることも

会社によって家を建てるときの金額は異なります。商品を商社から直接仕入れて設備にかかる費用を軽減できる会社もあれば、工事費を多めに請求する会社も存在します。

中には悪徳な商売を生業として欠陥住宅を建てる会社もあるため、依頼する会社選びには注意する必要があります。

3.失敗しないための大切な会社選びのポイント

3-1.アフターフォローは万全か

会社選びで大切なポイントの一つはアフターフォローがしっかりとしているかどうかです。家の補修や不具合があった時に十分な保証を受けられるか確認しておきましょう。

評判の良い会社は信頼があり、顧客に親身に寄り添ってくれることが多いため、あらかじめいくつか会社をピックアップして調べておくことが望ましいです。

3-2.信頼できる建築士がいる会社

実際に工事を行なってくれる建築士が信頼できるかどうかは、会社選びをする上で大切です。見積書に不備がないよう細かく内訳を明記してくれたり、工事の現場に訪問した際に建設状況を説明してくれたり、施工主の代理としての役割をしっかりと果たしてくれる建築士は信じることができます。資格などの目に見える指標で良い建築士を見分けるのも得策でしょう。

3-3.丁寧な顧客対応に力を入れている会社

顧客に丁寧な対応を心がけている会社を選びましょう。 使用する機材や設備などのメリットデメリットを踏まえて説明してくれる会社は、本音で設計に携わってくれているため、より良い暮らしができるように本気で考えていてくれています。

例え依頼主が大きな予算を準備できなかったとしても、最高のパフォーマンスを発揮してくれることを約束してくれる会社を選ぶようにしましょう。

4.まとめ

いかがだったでしょうか。マイホームで失敗しないためには設計の段階でミスをしてしまわないように実際に住むことを想像して建築することが大切です。そして、そもそもの会社選びを間違えてしまうと大きな失敗となってしまうこともあります。

マイホーム購入を検討中の方は会社選びを慎重に行うようにしましょう。株式会社エム・ビー・アイは顧客第一で住宅の工事を承っています。お客様の幅広いニーズにお答えしますので、快適な住まいを実現することをお約束します。よろしければお気軽にご連絡ください。

2019年6月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30