知っておきたい住宅ローン控除とは?適用条件と共にご紹介!

注文住宅を建築する際、一般的に住宅ローンを組む場合が多いですが、皆さんは住宅ローン控除をご存じでしょうか。
これは住宅ローンを控除し、さまざまな適用条件を満たすと受けられます。
そこで今回は、住宅ローン控除を受ける仕組みと適用条件についてご紹介します。
 

□住宅ローン控除とは?

 
ここでは住宅ローン控除を受ける仕組みについてご紹介します。
 
住宅ローン控除は、正式には「住宅借入金等を有する場合の所得税額の特別控除」と言います。
住宅ローンを利用して住宅を購入する際や増改築を行う際に条件を満たしていれば、ローン残高に応じて所得税の控除が受けられます。
また、控除が受けられる期間には限りがあり、10年が最長とされています。
 
具体的な控除の割合は、住宅ローンを組んだ後10年間、年末時点のローン残高に1パーセントをかけた値です。
その際の控除限度額は40万円までですが、認定長期優良住宅や低炭素建築物の認定を受けている場合は50万円が限度額になります。
 
例えば、年末のローン残高が2000万円の住宅の場合、控除額は20万円です。
 
これは特別控除なので、経済政策の一環として適用されているものです。
そのため、これからの制度の見直しなどによっては、延長やなくなる可能性があります。
 

□住宅ローン控除が適用される条件とは?

 
ここでは住宅ローン控除を受けるために必要な条件についてご紹介します。
控除を受けるためには3つの条件があります。
 
1つ目は、住宅ローンの返済期間が10年以上であることです。
控除を適用する際にはローンも指定されます。
しかし、親ローンや身内ローンは対象にならないので、注意が必要です。
事前に親族間で控除を受けるべきなのか、話し合いを行っておくと良いでしょう。
 
2つ目は、物件を取得して6カ月以内に入居し、控除を受ける年の大晦日まで住んでいることです。
この場合、子どもや親が住むのではなく、契約を結んでいる本人が住むための住居である必要があります。
 
3つ目は、控除を受ける年の合計所得が3000万円以下であることです。
年収ではなく所得なので、年収から各種の控除を差し引いたうえで3000万円以下であれば条件を満たすことになります。
 
なお、住宅ローン控除は中古住宅やリフォームなどでも受けられるので、事前に確認しておくと良いでしょう。
 

□まとめ

 
今回は住宅ローン控除の仕組みと住宅ローン控除が適用される条件についてご紹介しました。
住宅を購入する際には、控除を受けて理想の住宅を実現したいですよね。
注文住宅の設計を検討されている方はぜひ当社までお気軽にご連絡ください。