コンテンツ

資金計画の重要性

建築本体工事費と土地購入費だけでなく、その他工事費や申請費、保険料など様々な費用が発生しますので、建築本体工事や土地購入費だけでなく総合的にどのくらい資金が必要なのかきちんと計画を立てることが大変重要です。

ですが、太陽光発電を設置することにより、4kw/月 12,000円稼ぎますので、太陽光売電収入を月々の返済費用にあてると月々のお支払いがとっても楽になります。

資金計画とローン返済

セミオーダー住宅(30坪 3LDK)の場合

建築本体工事費 1式 13,830,000円
設計管理費 1式 600,000円
共通仮設費 1式 200,000円
バルコニー工事費 1式 200,000円
付帯工事費 1式 1,440,000円
外構工事費 1式 670,000円
太陽光発電(オプション) 1式(4kw) 680,000円
消費税 1式 1,409,600円
住宅瑕疵担保保険料 1式 73,000円
土地購入費 51.99坪 1式 5,458,950円
登記費用 1式 350,000円
手数料 1式 54,000円
建設費総合計   24,965,550円

 

 

デザイナーズ住宅は遠い夢ではありません!

デザイナーズ住宅は遠い夢ではありません!

マイホームを持つなんて夢のまた夢。建売住宅どころか注文住宅なんて自分には無理だと思っていませんか?

あきらめてしまう前に、現在どれくらい住居費にお金がかかっているか、もし家を建てるならどれくらいの資金が必要なのかを現実的に考えてみませんか?

M.B.i(エム・ビー・アイ)にご相談いただければ、毎月のお家賃を払う感覚で、注文住宅を建設することも夢ではありません。

毎月支払っている家賃はどれくらいですか?

年金生活後も家賃?持ち家?

毎月6万円の家賃を支払って賃貸住宅に住んでいるなら、単純に計算して年に72万円の住居費がかかっていることになります。それが35年間になると2,520万円。これだけの費用があれば、こだわりのデザイナーズ住宅を建設することは不可能ではありません。

2,000万円あれば十分デザイナーズ注文住宅を建てられますし、20代で家を建てても50代で支払いを完了できるのです。家賃で財産にならない支出を繰り返すより、働き盛りの若いうちに早めに家を建ててしまったほうが、お得かもしれませんね。